2006年04月23日

うぅぅ……ん………KO!

久しぶりに、隣隣県のサウナにでも行こうと車を走らせた。

昼間とか夜の早い時間だと道がめちゃめちゃ混んでいるので
高速を使いたいところだが、こんかいはちょっと時間も遅かったし、
つい先日に新しく環状道路が開通したので、その道路も通ってみるべく
下道で、チンタラ走る事に。

新しく開通した道は、さんざん「交通が変わる!!!」などと
煽られている割には、途中、住宅地や市街地を普通に通ったりして
信号にもたくさん引っかかるし、普通に国道を通っていくのと
変わらないばかりか、途中、自動的に有料の橋へ誘導されてしまうので
はっきり言ってサギって感じがする。しかも、
目的のサウナに着いたとき、距離を測ってみたが、普通に国道を
走るよりも、ほんの少し遠回りでもあった。

さて、目的のサウナに着いてはみたが、結局気が変わって
もう少し先にある健康ランドまで足を伸ばすことにした。
そこの健康ランドは、地元の県では一番人気のところで
自分も過去一度だけ日帰りで行った事があったが、泊まった事は無い。

規模は、それなりに大きめではあるが、地元一番人気でもある所為か
人が多くて、風呂のお湯も臭っていたりして、あんまりキレイじゃない。
露天風呂など、木の葉っぱや、なにか得体の知れないフワフワした
ゴミがたくさん浮いており、とても入る気がしなかったくらいだ。

ま、サウナに何度も入り堪能して、時計を見てみると到着してから
2時間ほど。何だかんだ言って風呂を楽しむ。
そろそろ一寝入りしようと、3階にある男性用仮眠室へ行く事にした。

仮眠室に入ると、何よりまず、暑い。しかも、やはりと言うか、当然と
言うか8割がた仮眠マットが埋まっており、かけ毛布も一枚も残ってない。
はぁ…と思いながら仮眠室の奥のほうへ場所を物色しながら進む。

すると…

ムニュっとした、ぬるい感触が足の裏を襲う。

???

足元を見てみると、薄暗い中に、なにやら黒っぽい物体が
いくつかあるようだ。
もう深夜の時間帯、風呂に2時間も入った後で、これ以上頭が
働かず、何が自分に起こっているのかを判断するまでに至らない。

もう一度、足元の床を見、そしてムニュっとした感触を味わった
自分の足の裏を見てみる。

???

もしかして、これは、どうやら、、、
「うんこ」ジャマイカ?

いや、まさかね……

だんだん頭がはっきりしてきた。
もう一度、きちんと確かめてみる。

はい。
どう考えても、うんこです。

わたくしは、しんやのかみんしつで
どうやら、うんこをふんだようです。

その瞬間、軽くパニックを起こしてしまい、足の裏についたうんこを、
周辺の絨毯に出来る限り拭ってしまった。
つまり、汚れを拡散させてしまった事になるが、そんなことは知るか!
私としても、どうしようも無かったのだ…しかし、
取り合えず、すぐさまトイレに駆け込み、足を洗わねばならない。

足早に仮眠室の入り口の扉を開けて、廊下に出た。
その時である。

ムニュ。。。


え?

ムニュ?


いや、あんた、まさかねぇ、そんなこと…

あーーーーーっ
そのまさかが起こってしまっている。
またしても、踏んづけてしまったのだ。
うんこを……

もうパニックを通り越して、思わず涙がこぼれそうになりながら
直ぐ近くにあったトイレに駆け込み、洗面台に足を上げて
ソープでこれでもかと言うほど足を洗う。

足を洗いながら頭の中は冷静になっていく。
なぜ、うんこを踏んづけたのだろうか?
それは仮眠室の床に、うんこがあったからだ。
なぜ仮眠室の床にうんこがあったのだろうか?
しかも、複数も。

…わからない。
わからないが、確かにUNKOは存在し、それをあろうことか
2度までも踏んづけてしまったのだ。
間違いない。

足を洗ったあと、まるで一晩中起きていたかっていうくらい
ゲンナリし、取り合えず一階のフロントの方へ行く。

どうやって、うんこがあったことを告げようか、、
どう切り出したらよいのだろうか、、
自分がやったと思われたらどうしようか、、、

などと考えながらフロントの方へ進む。
フロントの従業員は、そんな私にただならぬ雰囲気を感じ取ったのだろう。
不安そうな目つきで私を見続ける。

私は、「あのぅ…」と言ったが、二の句がつげない。
「あのぅ……三階の仮眠室にですね……」
「たぶん………その……う……うんこが…」

は?とフロントの人が聞き返すので、観念してもう一度はっきり言う。
「三階の仮眠室に、多分うんこだと思うんですが、落ちてるんです。
しかも、何個も。」

私は、自分がそのうんこの犠牲になったことは言い出せなかったが
フロントの人は、私の悲壮感を感じ取ったらしく、それ以上は
私を追い詰める事はせずに、私に謝罪し、すぐスタッフを向かわせます
と言ってくれた。

あぁ、こんな経験をするなんて…生まれて初めてでは無いか。
しかも、生まれて初めての経験を3分ほどの間に2回もこなしてしまった。

ありえない。

しかし、紛れも無い事実。

どっぷり疲れてしまったが、取り合えず風呂に入って気を取り直そう。
風呂場に向かうが…

「ただいま清掃中につき、入れません」

のプレートが!!!

その後2時間ほど、トイレで足を洗っただけの
うんこを踏んづけた足で何食わぬ顔をして過ごす羽目になってしまった。

これって何のバツゲーム?




posted by pianissimo at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/605115

この記事へのトラックバック