2006年02月20日

巷で話題の男前な・・・

先日、オバサマから豆腐を貰った。

長細い容器に入ってブルーの字で
風に吹かれて豆腐屋ジョニー
と書かれている。

そう、いまブームとなっているらしい
男前豆腐である。

某巨大掲示板などでも以前から話題になっており
その存在は一応知っていたのだが、ふざけたネーミング
に加えて値段も高いので、大手スーパーなどで見かけても
買って食べようとは思わなかった。

しかし、せっかく頂いたので早速たべてみた。

クリーミーで濃厚な味、とろけるような舌触り。
ネットリとしていて、とても甘みがある。
はっきり言って、めちゃくちゃウマかった。

それからというもの、スーパーで見かけたら
いつも購入し、ジョニーの他、ざる豆腐をモチーフにしたらしい、
男前豆腐もお気に入りになった。

他にも豆乳やドンドコなんたら、湯豆腐野郎だか何だかの
豆腐もあるらしいが、残念ながら見かけたことが無いので
まだ食べてない。

で、今日、いつものように山奥に買物に行ってみると
農協でジョニーが安売りしており、家にも在庫があったのだが
買い足してしまった。

そして、山奥への道すがら、美味しそうな豆腐屋の看板が
あるのだが、一度行って見ようと思いつつ、ついつい通り過ぎて
しまっていた。がしかし、昨日、動物病院でタウン情報誌を眺めていたら
丁度その豆腐屋の記事があったので、今日こそはと心を決め、
行ってきました、豆腐屋へ。

そこの豆腐は完全無添加で、男前豆腐が消泡剤を使っているのに対して
そこは消泡剤すらも無使用、豆腐の表面には泡の痕がある感じ。
3時間くらいかけて、昔ながらの方法で手作りされている豆腐らしい。

店内はとても狭く、冷蔵ワゴンが一つ置いてあるだけ。
そこに、豆腐とがんも、厚揚げに薄揚げ、湯葉と豆乳とオカラがあった。
とりあえず基本の豆腐と厚揚げと薄揚げとオカラを買い求め、
特許を取ったと言う、ブロック状になった湯葉も一つ購入。
普通、湯葉は、その名のとおりシート状になっているものだが、
そこのはゴマ豆腐のような形をしている。
聞けば、湯葉の成分だけを集めて、凝固剤も何も入れずに
ただ自然に固めた湯葉で、小さく切り分けて刺身で食べるという。
これはウマそうだ。

家の冷蔵庫にも豆腐の在庫があるにも関わらず
今日も豆腐をたくさん購入してきてしまったので、今日の夕飯は
豆腐御膳。

男前豆腐の冷奴に、薄揚げと厚揚げのグリル焼き、湯葉の刺身に
サトイモの煮物、蓮根と蕗の煮物に菜花のお浸し、小松菜の胡麻和え、
先日作ったフキノトウ味噌……

もう、このまま後はお迎えを待つばかりってな感じの
コテコテ?和食であったが、豆腐が美味しいので満足。

豆腐と思えば値段も張るなと一瞬感じてしまうのだが、
十勝産大豆に国産ニガリを使用して作られている事を考えると
今の日本の状況では、これでも安いくらいなのかも知れない。
posted by pianissimo at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食いもん

2006年02月19日

あぁ、その肉、脂肪につき・・

うちのmieを、前回の経過観察とワクチンと定期健診を兼ねて
病院へ連れて行った。

今回は、前回年末の記憶が生々しい所為か
キャリーに入るのにいつも以上に抵抗して
仕方が無いから二人がかりでモグラ叩きのように
mieの頭を抑えては引っ込め、を繰り返し、キャリーへ格納。

いつも移動時間も含めて死ぬほどのたうち回って
鳴きじゃくるので、今回は打ち合わせをして
mieが叫んでも無視して返事をしないように気をつける。
病院や車の中で鳴き叫ぶ猫には、返事をしない方がいいらしい。
返事をして構っていると、より一層うるさく騒ぐという事のようだ。
鳴いても騒いでも無駄だと気づけば、大人しくなる可能性も出てくる。
なにせ、鳴けば体力を消耗させてしまうので、本人(本猫?)のためにも
ここは心を鬼にして、無関心を装い、病院へ。

週末はいつも混んでいて、今日も30分待ち。
でも今回は診察で呼ばれるまで車の中で待機。
呼ばれてからも、いつもなら先に血液検査をして
その結果が出てからワクチンと相成るのだが、今回は
採血とワクチン注射を同時に済ませてもらい、mieをさっさと
車へ戻す事が出来たので、大分助かった。

血液検査の結果が出るまで20分ほど。
思えば、去年の検診の時に、肝臓の数値が悪いといわれて
肝臓病の療養食を処方されたのだった。
この療養食は、うちのmieにとっては激マズの食事だったようで
基本的に何でも食べまくるmieなのに、ごはんを残したり
吐いたり、食べなかったり、を繰り返してしまって、
3ヶ月ほどで普通食に切り替えて貰った経緯があった。

その後、去年の年末、歯石治療に行った時の再血液検査で
再び肝臓の値が悪く、またまた肝臓病療養食を処方される事に
なっていた。今回は2ヶ月きっちり続ける約束。
はたして療養食の効果は上がっているのか、それがとても
気がかりだったのだ。

今回の療養食も、mieは当然気に入らないらしく、
御飯をあげても食べずに、他のをよこせと言って鳴いてスリスリ。
かわいそうだが無視していると、仕方なく療養食を食べ始めるのだが
半分も食べないうちに中断し、人間のところへやってきて文句を言う。
それでも無視していると、食べるのを諦めてしまうのだが、
何せ腹は減っているので、数時間後に、しぶしぶ食べている、
いわゆる猫食いが常態化していたのだ……。
しかも、よく吐くようになったし、うんこも臭くなったし、
何より療養食を食べ始めてから太ってきた感じなのだ。
ここまでして結果が出なかったら暴動モノである。

だが、血液検査の結果は、みごと正常値。
すべての項目で正常値。
要するに所謂、健康ってやつだ。
御陰様で暴動は回避できたのではあるが、、、

ここで大問題が。

mieが太っていたのである。

しかも、しかも、過去最高記録を更新してしまっていた。
mieの体重は4.5kg
一年前は3.6kgだったはず。
ついでにいえば、年末には4.3kgだった。
2ヶ月で200gも増えた。
この一年間、療養食を食べた期間は合計5ヶ月間。

あぁ、せっかく成功していたダイエットも台無し。

肝臓病の療養食は、肝臓に負担がかからないように
低蛋白になっており、それを補うために高脂肪なんだそうだ。
だから太りやすいとの事。mieは一層太りやすいので
療養食も控えめにはしていたのだが、それでもやっぱり
ダイエットフードに比べたら明らかにカロリーオーバー。

結局、即刻、肝臓療養食は中止し、あらたなるダイエットフードに
切り替える事になった。


家に帰って来てからmieは、いつも病院から帰ってきたら
そうするように、家中をウロウロして文句を言っている。
とにかく何か文句を言わないとダメらしい。

おそらくは、
「ふざけんなよ、このタコ。こんな酷い目に合わせやがって。
慰謝料として、さっさとオヤツを差し出しなさい!!」
などと言っていると思われる。

しかし、数値で表された体重を知ってしまった今、
言われて見ればmieは丸々としていて、おなかの肉も
ユラユラと垂れ下がっているのが否が応でも目に入るのだ。

あぁ、このタプタプとしたモコモコとしたムニムニとした
カワイイお腹も、構成材料は憎っくき肉。

戦わねば!!


(おまえら人間もダイエットしろよとの天の声は聞かなかった事にしますw)
posted by pianissimo at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年02月12日

蛍光灯買いに行ったんですけど、何か?

我が家で使っているオーブンレンジは97年製。
小さめで15Lくらい、オーブン使用時もターンテーブル。
天板が丸いので、一度に焼ける量が少なく、パンなども
4つくらいしか焼けないし、クッキーも10枚くらいでアウト。
だからいつも、2回、3回に分けて焼くので時間かかるし大変。
シュー皮などは、オーブンで乾燥焼きまでしないとならないので
一回に5個ほどしか焼けないのに、かかる時間は一回につき小一時間ほど。
シューは生地を作ってから時間を置かずに焼かなければ失敗に
つながるから、事実上、シューは焼けない。
シフォンを焼くときも、庫内がせまく、膨らんできた上部が
ヒーターに近くなりすぎて焦げてしまう。
熱源は上部の熱線ヒーターだけなので、生ピザ生地やパイ生地も
下が火の通りが悪く、サクッとなりにくい。

要するにオーブンとしてはスペックが足りないのだ。

ガスオーブンのコンベックタイプ(熱風が循環するタイプ)などは、
庫内も広く、天板も大きく、2段、3段と焼けるので
一度にたくさんのものを仕上げる事が出来、しかも空気が循環
するので温度ムラになりにくく、かりっとサクっと焼きあがる。
最近は、電気のタイプでも、天板が2段でコンベックのも売り出されて
いるのだが、お値段も結構するし、サイズも結構大きい…。
それより何より、我が家の8年モノのオーブンレンジは
故障も不具合も無く、買い換えるタイミングも一向に訪れないのだ。

……

寝室の蛍光灯が寿命を迎えてパッコンパッコンいいだしたので
某大手家電量販店に蛍光灯を買いに行った。
電球色の蛍光灯を手に取り、何気なく吸い寄せられるように
オーブンレンジコーナーへ。

最近のトレンドは、スチーム加熱のオーブンである。
一頃は10万円以上したが、近頃は大分値段も下がって
7万円ほど。それでもまだ高いと思うが。

4万円ほどの機種が標準クラスらしいのだが、
このクラスだと天板が一枚だけで2段調理できないものもあるし、
コンペックも無いものが殆ど。
自分としては、スチーム機能はいらないから、2段調理コンベック
じゃ無いと買う価値は無いのだ。でも、そうなると
値段は6万円近くになってしまう……
当分無理だな……と思っていると

展示品限り、定価8万、2004年製、型落ちの大型オーブンレンジが

なんと

2万2千円ではないか!!


中をあけてチェックしてみる。
30cm角ほどの大きい天板で2段調理が出来る。
コンベックも付いている。庫内も広い。
電子レンジ機能も、もちろんターンテーブルなどではなく、
セラミック底面から電磁波が出て、回らなくても満遍なく
加熱されるタイプ。自分には特に必要とも思えないのだが、
電子レンジで焦げ目をつけたプレート調理が出来、蒸気だけで
蒸し物が出来る専用のプレートや蒸し器具などもセット。

あぁ、この機会を逃したら、2段調理コンベクションオーブンレンジは
しばらく遠のくだろう。

あぁ、この機会を逃したら、きっと後悔するだろう。

後悔しない人生を送るのがモットーな自分。

ええ、当然買いました。。。


家に帰ってからが大変だった。
なにせ、置く場所が無い。
調理家電や鍋を収納してあるスチール棚をばらして
棚板を組みなおすところから始めなければならなかった。

それでも場所が足りないので、オーブンレンジの他にある、
電気オーブンを処分しないと……でも、臭いが付いたり
撥ねて汚れたりするものを焼くときに困るな・・・

結局、使っていなかった細々したものをすべて処分し、
パッキンが甘くなってて使えなくなっていた
某おフランス製の圧力鍋も捨てる事にし、フードプロセッサーを
棚の一番上に押しやり、なんとか古いオーブンも、
新しいオーブンレンジも収まった。

気がつけば、もう1時近く。

あれ?
そもそも今日は何で電器屋に行ったんだっけ?ww
posted by pianissimo at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記